ニモカカクラブ

RDD埼玉西部実行委員会立ち上がりました


更新日時:2020年10月9日
去る2020/9/29、RDD2021埼玉西部を開催するために実行委員会を立ち上げ、準備に取り掛かりました。
 
例年より遅いスタートですが、幻となってしまった2020年の企画をベースに準備を進めているので、遅れは取り戻せそうです✨
 
10/8にはzoomにてRDD2021のPRイベントについて打ち合わせをしました✨
実はこれ、夏から準備していたものがありまして…
これからせっせと手作業で準備を進めていく予定です!
毎年、飯能市近郊の市にお住まいの希少・難治性疾患の方々と出会います。
できることは限られているけれど、せめて似た悩みを持つ者同士で繋がれたら…と思って狼煙をあげています。
 
オンラインイベントとはいえ、PRイベントのための準備(手作業)や特別後援の動画撮影や当日のオンライン配信など、お力添え頂きたいことがあります…。
「手作業得意!」「編集手伝えるよ」という方がおられましたら、ニモカカクラブまでご連絡ください♪
 
連絡先: nimokakaclub@gmail.com
 

RDD埼玉西部のあらまし

20152月に埼玉県で初となるRDDイベントを飯能で開催し、その後毎年2019
年までRDD 埼玉飯能として実施してきました(第1回〜第5回、ニモカカクラブ主催)。
 
飯能市内での(多少…)知名度が上がってきたことを機に、2020年よりこれまでボランティアとしてRDDイベントに力を貸して下さっていた当事者の方々と単年の実行委員会を組織し、ニモカカクラブとともに企画・運営を始めるようになりました。飯能市を超えた仲間とともにRDDを準備するにあたって、イベント名を「RDD in埼玉西部」に変え、入間市での初開催に向けて準備をしていましたが、2月新型コロナウイルス第一波の影響により第6回
RDD in埼玉西部は直前に中止となりました。
 
たくさんの方にご協力いただき、多くのご予約も頂いていた幻のRDD2020埼玉西部。何とか大切に準備してきた機会をお届けしたいと、再び実行委員を結成し、2021年は完全オンラインで実施することに決まりました!

実行委員
和田芽衣(ニモカカクラブ代表、希少疾患当事者家族)
磯田英穂さん(希少疾患当事者家族)
戸田美雅(キャンナス日高飯能、看護師)
相馬光(スタジオピカレスク)
 

#RDD, #RDD2021, #RDD埼玉西部, #RDD2021埼玉西部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です